2013年 04月 02日

【丸紅・不祥事】ロッキード事件

【ロッキード事件】
ロッキード社(ロッキード・マーティン社)の航空機の購入をめぐり、日本の現職首相をまきこんだ国際的な贈収賄事件。1976年2月、アメリカ上院におけるロッキード社(丸紅が日本代理店)コーチャンArchibold C.Kotchian副会長の証言で明るみに出た。

ベトナム戦争で大量の兵器を生産・納入したロッキード社とニクソン合衆国政府との結びつきは強く、同社はベトナム戦争後の政府需要の減少を輸出増進で補うため、会社からの贈賄とニクソン政府を通じた売込みとを組み合わせて、外国に強引に発注させる方策をとった。


Wikipedia ロッキード事件

Wikipedia 丸紅ルート

※この事件後、花形だった丸紅の航空機部門は大きく縮小。事件から30年余年経ち、2009年からエンブラエル社の小型飛行機の販売へと至る

by shosha-man | 2013-04-02 01:43 | 丸紅


<< 【三井物産】マニラ駐在時のPR映像      【豊田通商】企業CM >>