総合商社・日記=総合商社の三菱商事/三井物産/伊藤忠商事/住友商事/丸紅/豊田通商/双日の研究=

shoshaman.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 13日

【7月】三井物産・近況アップデート

7月も中旬に差し掛かるということで一ヶ月ぶりに各社の近況をアップデートしたいと思います!!

※リンク切れてしまうので早めにみてくださいね!

d0078304_17194329.gif


三井物産、アジアで衣料ネット通販 台湾最大手に出資
台湾系企業とのコラボレーションは上手くいくケースが多いと言われていて、アジア圏にも広がる華僑達を相手にマーケティングが長けているんだろうなぁと予想。


三井物産、タイで洗剤原料生産 国営会社と合弁
国営と組めるところが「さすが三井物産!」って感じだけど、国営は民間ではないから意思決定が不明瞭だったり、遅いから難しいかもね。政治関係とも密着していて「何でもできるけど、何にもできない」というよくわからない状況に陥ることが結構ある。たぶん優秀な彼らなら大丈夫でしょ。


伊藤忠と三井物産が豪州の鉄鋼石権益を追加取得
中国経済失速&世界経済が不透明で資源価格が下落基調なので、資源メジャーはポートフォリオの整理、資産の圧縮に走っていて、その売却先が総合商社だったという一例です。資源分野での博打、吉と出るか、凶とでるか、見ものです。


三井物産、豪の新鉱区で生産開始
資源系のニュースです。豪州産の石炭は日本ユーザー向けに良く使われていて、燃焼効率が良いらしい。アジア圏も火力電力需要が強いからそれに向けて売り込むんだろうね。


三井物産、チェコで上下水事業に参画
世界第3位のスペイン系水事業会社と組み、チェコで水事業に参画するというもの。「なぜチェコなんだろう?」って思った。でも、これは取っ掛かりに過ぎなくて、もっと大きなパイを狙っていそう。もしくは本プロジェクトを成功させて、この水事業会社に出資することを狙っているかも。


三井物産、ブラジルで穀物合弁 アジア向け 最大手SLCと合意
戦い方は色々あって当然だけれども商社が農業生産に入り込むのはリスクが高すぎると思っています。天候リスク、相場リスク、品質リスクetcってリスクの可能性を考え始めたらキリがない。これからアフリカ大陸の農業生産技術(農機や肥料、農薬)が飛躍的に上がるはずで、供給基地として躍進している南米大陸も安泰ではないと思うんだよね。

ということで、注目度の高いプロジェクトなので継続して見守っていきたいと思っています!


日航株取得、三井物産など13社以上 取引強化狙う
やはり日航って魅力的な会社なんだろうね。潰れたときに損失被っているはずだけど、取引関係強化するために取得すると思われ。


<その他>
三井物産、企業向け電力小売りに参入 制度改革で商機
これ進めちゃうとエネルギー資源を買ってくれているお客さん(電力会社)と競合しちゃうけど大丈夫なのかな?

三井物産、イスカンダルを環境都市の模範に
国家プロジェクトだね。超面白そう。商社業界ならではの多岐の分野に渡る、壮大な産業計画。担当者は大変だろうけど楽しいんだろうな!

by shosha-man | 2013-07-13 12:00 | 三井物産


<< #2 五大商社part19      #1 五大商社part19 >>