総合商社・日記=総合商社の三菱商事/三井物産/伊藤忠商事/住友商事/丸紅/豊田通商/双日の研究=

shoshaman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 02日

フィードパス社に戦略出資し、「Web2.0」関連ビジネス開発で、提携

住友商事株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岡 素之)は、サイボウズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:青野 慶久)の連結子会社であるフィードパス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:津幡靖久)の第三者割当増資に出資参画し、Web2.0(注1)分野における新規ビジネス開拓において戦略提携することで合意した。

協業第一弾案件として、住友商事の米国ベンチャーキャピタル子会社PresidioSTXが出資し、住友商事が総事業化権を有する米国「Zimbra社」の企業向けWeb2.0対応製品の、日本市場におけるマーケティング並びに製品拡販を共同で展開する。

フィードパス社は、コンシューマー向けWeb2.0サービス「feedpath」、企業向けブログシステム「blogengine」の開発・販売に取り組む等、コンシューマー・企業の両市場向けに先進的なWeb2.0関連ビジネスの企画・開発を行い、かつ高い技術力を有するベンチャーである。住友商事は、同社への資本参加並びに事業提携を行う事で、今後急激な市場拡大が期待されるWeb2.0分野における新規ビジネスの市場創造並びに商機拡大を共同で展開する。

協業第一弾案件のZimbra製品は、電子メール・アドレス帳・スケジューラー等を標準装備し、同時に、外部アプリケーション等とのウェブ上での統合・連携を実現するマッシュアップ機能(注2)、RSSリーダー機能(注3)、携帯端末との同期機能等他を備えた、操作性の高い企業向けWEB統合コラボレーションシステム(製品名:Zimbra Collaboration Suite)で、企業向けでは事実上初のWeb2.0ソリューションとして国内外で注目されている。

住友商事とフィードパス社は、共同で米国Zimbra社製品の日本語化を行い、今年秋頃より国内販売を開始する計画である。

by shosha-man | 2006-07-02 15:42 | 住友商事


<< 中国に液晶用板ガラス加工供給拠...      テレビ番組連動モバイル事業に本格参入 >>