総合商社・日記=総合商社の三菱商事/三井物産/伊藤忠商事/住友商事/丸紅/豊田通商/双日の研究=

shoshaman.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 07日

コンテナセキュリティ事業への参画について

三菱商事は、9月30日、米国General Electric Company社グループ(以下GE)より、海上コンテナのセキュリティ機器の供給及びグローバル情報サービス事業を展開する、GEの100%子会社 GE CommerceGuard AB 社(本社:スウェーデン・ストックホルム)の株式を一部取得し、同時に日本における同機器の独占販売の権利を獲得し、また、情報サービス事業をGEと共同で展開する予定です。

9.11 事件をきっかけに、米国政府は、国家安全保障の観点より、米国税関職員を世界の大手港に派遣したり、米国向け出航の 24 時間前には出荷内容の連絡を義務付ける等、米国に入る年間約 10 百万個の海上コンテナに対するセキュリティを高める具体的方策を次々と打ち出してきました。

一方、海上コンテナが外国でバンニングされ、閉られた後、仕向け国に到着するまでの物流において確実に開封されていないことを担保するシステムの導入が検討されてきました。数年に
わたる実証試験の結果、物流自体を極力阻害しないことも重要な要素であるとの認識のもと、海上コンテナを閉じる際に、封印を電子的に行い、輸送中の複数のポイントにおいて、この封印情報が維持されていることを確認することにより、セキュリティを確保するシステムの導入が検討されております。

GE CommerceGuard 社は、独自に技術開発したコンテナ扉の電子封印機器であるコンテナ・セキュリティ・デバイス(CSD、添付写真御参照)を中心とした製品の販売、及び封印情報を提供するグローバルサービスを目指しており、米国を中心とした各国の海上コンテナ貨物のセキュリティ対策を目的に、コンテナ船社・荷主等へのサービス展開を行う計画です。同社の CSD は不良検知率 1%未満と完成度が高く、全世界での対応が可能な周波数帯を採用していることを特長としています。

当コンテナセキュリティサービスにより、テロ対策を始めとした海上輸送・港湾の安全性向上が期待されます。又、米国の大手荷主からは、セキュリティのみならず、物流や品質管理にも、同社のシステム導入のメリットがあると期待されております。

当社は、日本のみならず他アジア各国において、同様の事業展開の拡大に向けて、GE 及び GECommerce Guard 社と協議しております。

2005年10月14日

by shosha-man | 2006-12-07 11:03 | 三菱商事


<< かどや製油株式会社の株式取得      青果物仕入販売会社設立のお知らせ >>